cyhukta‘s room

日々興味を持ったことを載せていきます・・・

最近のこと

あと1ヶ月半程で父親になります。

 

嫁のお腹の子どもは元気いっぱいで、しょっちゅうお腹を蹴ったり、動いたりしています。

 

最近の週末は生まれた時に必要な物を揃えたりしていて、やっと「子どもが産まれる」という実感が湧いてきました。笑

赤ちゃんは何かと必要な物が多いんですね。

 

その買い物をしてて、昔(自分が産まれた頃)と比べ、ベビーグッズが進化しているしていることに驚きました。

・ベビーベッドは折り畳み式

チャイルドシートは回転式

・抱っこ紐はリュックのようにしっかりした素材のものが人気

ベビーグッズも時代と共に進化していると感心してしまいました。笑

 

今後は子供の成長の記録なども載せていけたらなと思います。

 

それでは、また。

 

 

オンライン授業のデメリット

私には大学生2年の弟がいます。

高校卒業後、地元から関東の大学に進学しましたが、昨年コロナの影響で大学の授業がすべてオンラインになってしまいました。

また、関東の感染者数が爆発的に増えたため、一旦地元に戻り自宅でオンライン授業を受けている状況です。

 

私は最初「オンラインだったら実家でのんびり暮らせるし、パソコンがあればどこでも授業が受けれて最高じゃん!」と安易な考えを持ちました。笑

 

しかし、当の本人はオンライン授業がとても辛いようです。

一緒に受ける友達がいない

授業も配信のため、聞いても聞かなくてもいい

将来のことも決まっていないので、授業を受けている意味を見いだせず、ただ孤独で受けるオンライン授業が辛いと深刻に話していました。

結果、授業を受けない日が続いたため、休学という形をとり、実家でバイトをしながら生活しています。

(最近知ったんですが、全国的にも大学生に限らず、通学できずに孤立化してしまい精神的に落ち込んでしまう学生が多いようですね。)

 

私も以前大学に通っていましたが、大学時代はとても楽しかった思い出がたくさんあります。

バイトで働いて貯めたお金で海外旅行に行ったり、おいしい料理を食べに行ったり。

(今考えてみれば社会人になってからはできないようなことをたくさんしていました。笑)

でもそれはすべて大学時代に出会った友達がいたから楽しかったということに繋がりました。

そんな貴重な期間が、弟にはないのかもしれないと考えると寂しくなります。

 

弟にはできれば授業を受けて、大学を卒業して欲しいと思いますが、バイトでも将来につながるような経験はたくさんあると思うので、今はそっと見守りたいと思います。

 

どうか早くこのコロナが収束し、弟も含め、いま通学できずに孤独を感じている学生皆さんが、以前のように楽しい学生生活を送れるよう願っています。

 

 

「習慣が10割」を読んで【感想】

かなり久しぶりの投稿ですね。笑

 

今日は最近読んだ吉井雅之さんの「習慣が10割」という本の感想です。

(たまにビジネス本も興味があって読んだりします。)

 

習慣が10割

習慣が10割

 

 

私自身、今まで挫折の多い人生でしたので、タイトルに興味があり読んでみました。笑

 

この本ではそもそも習慣とは何か、なぜ続けようとしていることが続けられないのか、意思が弱い人でも続けられる方法やノウハウを紹介しております。

 

なんとなく頭で理解していたことが、作者の成功事例を交えわかりやすくまとめられています。

例えば、私が参考になった部分を抜粋すると・・・

 

・人間の欲求には安楽の欲求ラクして生きたい)と充実の欲求(充実して生きたい)があり、習慣を作ろうとしたときにこの2つの欲求がぶつかりあう。

このとき、いい習慣を身に着けるためには、充実の欲求が勝るよう意識しなければならない。

 

・習慣を作るためには、自然とそれをやってしまう仕組みを作れば続けられる。時間と場所を特定し、他人を巻き込むと成功率が上がる。

例えば、「毎朝、出社前30分に家で読書を習慣にする。」←これを友人に宣言するなど

 

嫌なことでも動作や表情で脳をだませる。

悪い状況でも意識的にガッツポーズや口角を上げると脳が勘違いしていい状況だと判断する。これはスポーツ選手も実践していることらしい。

 

やりたい、やりたくないの感情を大事にする。

また、「~しなければならない」と感じてしまうと挫折する原因になってしまう。

 

普段よく使う言い訳のリスト化をする。

自分の目につくところに記入したメモを置き一つ一つつぶしていく。

ちなみに作者は400個も浮かんだそうです。笑

 

などなど。

他にも参考になった内容はまだまだありますが、この辺にしておきます。

 

挫折経験が多い方は読んでみてはいかがでしょうか?

 

私もブログも続けられるように習慣づけられるよう、楽しみつつ頑張っていこうと思いました。笑

 

それではまた。

 

 

 

 

 

事務職に向いている人の特徴

f:id:cyhukta:20201209153722j:plain


就活や転職を考えている方で、事務職を希望される方(特に女性)は多いと思います。

そこで7年勤務している私の経験上、事務職に向いてる人の特徴をまとめてみました。

 

補助として会社で役立ちたい人

結果に直接結びつく仕事が少ないため、やりがいを感じづらい職種の一つです。

そのため、組織として何か目標を達成させる為に補助役としてたち回る事が出来る人が向いています。

組織の一部として会社に貢献できたと感じ事られれば、やる気を維持できます。

 

整理整頓が好きな人

一般的に事務の仕事は様々な雑務から、勤怠管理、関係会社とのやりとりなど多岐にわたります。

そのため、依頼された仕事を一つ一つ頭の中で整理しながら進めていかなければ、大きなミスを犯してしまう可能性があります。

優先事項を瞬時に考えて業務の組み立てを行える方が向いているといえます。

 

色んな事に興味がある人

いわば専門職以外の部分を事務職として扱っています。

そのため仕事の内容が幅広いです。

私の職場を例に挙げますと、人事関係、総務関係、物品管理関係、ネットワーク関係、施設管理関係、電話対応関係があります。

各部署で行なっている業務はバラバラのため、もし異動した場合は最初から勉強し直しとなります。

業務内容の異なる部署に異動しても、興味を持って取り組む事が出来る人が向いています。

 

忍耐力がある人

調整事が多い事務の仕事は、各部署との板挟みになることが多いです。

どちらかの意見を尊重する場合、もう一方の人は切り捨てなければならないため、不満を言われたり怒れたりする可能性があります。

そのため、忍耐力がない方は心が折れてしまうかもしれません。

 

情報処理能力がある人

パソコンの入力作業や、資料作成が主な事務職は情報処理能力が必要です。

Excel、Word、Power Pointのスキルは必須(高度な技術は必要ありません)となるため、あまりパソコンが得意ではない方はおすすめできません。

 

コミュニケーション能力がある人

他部署に依頼をかけたり、調べものを依頼されたりする事が多いため、コミュニケーション能力が高い方はスムーズに仕事を進める事ができます。

 

上記の項目を読んだうえで続けれらそうであれば、事務職に向いていると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

病院事務へ与えるコロナの影響

f:id:cyhukta:20201203172559j:plain


私は病院の事務職として7年勤めていますが、コロナの影響は確実に業務やプライベートへの支障をきたしていると感じます。

あまりニュースでスポットライトを当てられない事務職に与える影響をまとめました。

 

通常業務の圧迫

コロナ対応会議が頻繁に開催されています。

内容は患者数の動向と、空き病床の確認、今後の病院としての対応を検討する場となっています。

その会議の資料作成などにより、今まで行ってきた通常業務が圧迫されています。

また、職員向けのコロナ患者対応マニュアルや

注意喚起のポスター作成、コロナ対応者のシフト作成など、突発的な仕事も多いのも要因と考えられます。

 

給与

昨年度に比べて外来・入院患者数が減少しました。

これは患者がコロナ感染を恐れ、不用意に病院に行かないよう意識が芽生えた影響があります。

これにより、病院での収益が下がり給与、ボーナスへの影響が表れています。

 

外出の自粛

病院職員全体へ言えることですが、行動の自粛を行なっています。

医師や看護師が業務上感染したとしたら仕方ないとされますが、もし事務員がプライベートで感染した場合は冷ややかな目で見られるでしょう。

外出したとしても職場では話せないし、悪いことをしているようで楽しい気分には到底なれません。

 

ストレス発散を溜め込んでしまう

これも病院職員全体に言えることですが、自粛をしているため飲み会や行事・イベントが全てキャンセルとなりました。

仕事上たまるストレスの発散させる機会がなくなり、人間関係がうまくいかなくなっているように感じます。

 

以上のようにあまりスポットライトを当てられない病院事務にもコロナの影響はあります。

しかし、最前線で戦っている医師や看護師に比べれば体力的、精神的にも苦労は少ない方です。

引き続き私が事務職として出来ることを精一杯サポートしていきたいです。

 

知っておきたいExcelの使い方(初心者向け)

Excelとは何かご存知ですか?

Excelとは、Microsoft社が開発した表計算ソフト」のことです。

 

f:id:cyhukta:20201127223600p:plain

事務職ではデータ入力の際、Excelを使用することが多いですよね。

企業の求人で必須なパソコンスキルの一つに「Excelが使用できる」が項目になっているのをよく見かけます。

そのくらい利用することの多いソフトです。

 

Excelには便利な機能があり、数式や関数を使えば、仕事の効率アップにつながります。

そこで私が普段利用している数式・関数をまとめてみました。

 

セルについて

Excelは1ページがマス目状になっています。この1マスを「セル」といいます。

f:id:cyhukta:20201124233354p:plain

この1マスに文字や数字の入力ができるわけです。

ちなみに、セルの位置は横のアルファベットと縦の数字の組み合わせで表現します。

例えば、上記のセルの位置は「C4」となります。

 

数式について

セルの中に数式を入力することで計算をすることができます。

f:id:cyhukta:20201124235226p:plain

例えば上記のような在庫があったとして、ボールペンとシャーペンの合計数を計算する場合は・・・

①セルの中に等号(=)入力します。

②B2(ボールペンの個数)+B3(シャーペンの個数)を入力

③enterボタンを押すと合計数が表示されます。

f:id:cyhukta:20201125000456p:plain

 

また、数式には下記のようなものがあります。

算術演算子

算術演算子

意味

使用例

+ (正符号)

加算

= 3 + 3

- (負符号)

減算
符号

= 3 – 3
=-3

* (アスタリスク)

乗算

= 3 * 3

/ (スラッシュ)

除算

= 3/3

 

比較演算子

比較演算子

意味

使用例

= (等号)

等しい

= A1 = B1

> (大なり記号)

より大きい

= A1>B1

< (小なり記号)

より小さい

= A1<B1

>= (より大か等しい記号)

以上

= A1>= B1

<= (より小か等しい記号)

以下

= A1<= B1

<> (不等号)

等しくない

= A1<>B1

 

関数について

一つ一つ演算式を入力しなくても、自動で計算できる機能があります。

①タブの「数式」、「関数の挿入」

f:id:cyhukta:20201127061429p:plain

 

②計算したい条件の関数を探す

f:id:cyhukta:20201127062448p:plain


関数にはいくつも種類がありますが、その中でもよく使う機能を紹介します。

 

SUM

合計値を出すことができます。 

f:id:cyhukta:20201127065208p:plain


AVERAGE

数値の平均値を出します。

f:id:cyhukta:20201127064712p:plain 

 

COUNT

数値の数を数えます。

f:id:cyhukta:20201127065248p:plain

 

MAX、MIN

MAXは最大値、MINは最小値を表示します。

 

MAX

f:id:cyhukta:20201127065312p:plain


MIN

f:id:cyhukta:20201127065335p:plain

 


※また、これらはよく利用する関数のため、「オートSUM」タブで選択することができます。

f:id:cyhukta:20201127065720p:plain

 

 

以上、皆さんのお役に立てれば幸いです。

新婚旅行はベタにハワイがおすすめ

新婚旅行の行先をどこにするか悩みますね。

 

長期休暇をとれることは一生で一度しかないので、2人で慎重に選択し記憶に残るものにしたい。

 

私は去年結婚し新婚旅行でハワイに行ってきました。

私は学生時代に友人といったことがあったのですが、嫁がいってみたいとのことだったので、ハワイに決まりました。

 

新婚旅行といえばハワイというイメージがありますが、なぜハワイが人気なのか私なりに考えてみました。

 

どこへ行っても基本、日本語が通じるので安心

昨年、2019年ではおよそ155万人がハワイに出国しています。

そのため、多くの日本人観光客がいるため、日本語は基本どこでも通用します。

英語が全く分からなくても、安心して観光ができます。

私も英語は苦手なほうですが、全然不便さを感じることはありませんでした。

 また、ツアーなどに参加しても日本人観光客が多く安心できました。

 

観光スポットが多い

島自体は大きくありませんが、観光スポットが多いのが特徴です。

私が行ったことのある観光スポットについて少し紹介します。

 

・ダイヤモンドヘッド

ハワイのシンボル的存在の火山です。

麓から頂上まで登りますが、そこまで大変ではなかったので、初心者でも大丈夫だった記憶があります。

頂上からはワイキキが見渡せることができ、絶景でした。

私は、早朝の朝日が昇ってくるのを見学するツアーに参加しました。

徐々に水平線から太陽が昇ってくる景色は印象的でした。

 

・アラモアナショッピングセンター

ハワイ最大規模のショッピング施設です。

敷地も広く、すべてお店を回ろうとすると一日かかってしまうほど、大きな施設です。

ワイキキビーチからのアクセスが良く、私が泊まったホテルの前からバスが出ていたので、お土産や自分達の買い物で利用させていただきました。

 

・サンドバー(天使の海)

潮の満ち引きによってできた浅瀬です。

別名、天使の海と呼ばれるほど、透き通る海がきれいでした。

空と海の境界線がわからなくなるほど、青一色で幻想的な世界の中にいるようでした。

場所はワイキキからかなり離れているため、ツアーで申し込むのがおすすめです。

 

料理がおいしい

日本人にも口に合う料理が多いです。そして、量が多い。

パンケーキにしても、ステーキにしても、アメリカンサイズの料理が多く、食べ応えがあります。

旅行中、2キロくらい太りました。笑

 

常夏なので気持ちがいい

ハワイは一年中安定した気候で、平均気温は24~30℃ほどあるようです。

11~4月は雨季のようですが、一日中雨が降り続くことはありません。

私が行ったときも雨季でしたが、雨が降りましたが1、2時間で止んだ記憶があります。

基本的には晴れています。

 

 

以上、簡単ですが紹介させていただきました。

またプライベートで行くことを目標に仕事頑張ります。